Inno Setup .NET Framework 4.5(またはそれ以降)インストーラーから進行状況を取得して、進行状況バーの位置を更新します

2
Robert Wigley 2016-09-01 01:06.

現在、PrepareToInstallイベント関数の前提条件として.NET Framework 4.6.2をインストールしています。これにより、終了コードを取得しNeedsRebootたり、ステータスを設定したり、インストールが失敗した場合に中止したりできます。私のコードは以下にあり、これはすべて正常に機能しています。

var
  PrepareToInstallLabel: TNewStaticText;
  PrepareToInstallProgressBar: TNewProgressBar;
  intDotNetResultCode: Integer;
  CancelWithoutPrompt, AbortInstall: Boolean;

function InitializeSetup(): Boolean;
begin
  Result := True;
  OverwriteDB := False;
  CancelWithoutPrompt := False;
  AbortInstall := False;
end;

function PrepareToInstall(var NeedsRestart: Boolean): String;
var
  intResultCode: Integer;
  strInstallType: String;
begin
  if not IsDotNet45Installed and IsWindows7Sp1OrAbove then
    begin
      HidePrepareToInstallGuiControls;
      PrepareToInstallLabel.Caption := 'Installing Microsoft .NET Framework 4.6.2...';
      ShowPrepareToInstallGuiControls;
      ExtractTemporaryFile('NDP462-KB3151800-x86-x64-AllOS-ENU.exe');
      if WizardSilent = True then
        begin
          strInstallType := '/q';
        end
      else
        begin
          strInstallType := '/passive';
        end;
      Exec(ExpandConstant('{tmp}\NDP462-KB3151800-x86-x64-AllOS-ENU.exe'), strInstallType + ' /norestart', '', SW_SHOW,
        ewWaitUntilTerminated, intDotNetResultCode);
      if (intDotNetResultCode = 0) or (intDotNetResultCode = 1641) or (intDotNetResultCode = 3010) then 
        begin
          Log('Microsoft .NET Framework 4.6.2 installed successfully.' + #13#10 + 'Exit Code: ' + IntToStr(intDotNetResultCode));
          CancelWithoutPrompt := False;
          AbortInstall := False;
        end
      else
        begin
          if WizardSilent = True then
            begin
              Log('Microsoft .NET Framework 4.6.2 failed to install.' + #13#10 + 'Exit Code: ' + IntToStr(intDotNetResultCode) + #13#10 + 'Setup aborted.');
            end
          else
            begin
              MsgBox('Microsoft .NET Framework 4.6.2 failed to install.' + #13#10 + #13#10 +
                'Exit Code: ' + IntToStr(intDotNetResultCode) + #13#10 + #13#10 +
                'Setup aborted. Click Next or Cancel to exit, or Back to try again.',
                mbCriticalError, MB_OK);
            end;
          PrepareToInstallProgressBar.Visible := False;
          PrepareToInstallLabel.Caption := 'Microsoft .NET Framework 4.6.2 failed to install.' + #13#10 + #13#10 + 'Exit Code: ' + IntToStr(intDotNetResultCode) + #13#10 + #13#10 + 'Setup aborted. Click Next or Cancel to exit, or Back to try again.';
          CancelWithoutPrompt := True;
          AbortInstall := True;
          Abort;
        end;
    end;
end;

procedure InitializeWizard();
begin
//Define the label for the Preparing to Install page
  PrepareToInstallLabel := TNewStaticText.Create(WizardForm);
  with PrepareToInstallLabel do
    begin
      Visible := False;
      Parent := WizardForm.PreparingPage;
      Left := WizardForm.StatusLabel.Left;
      Top := WizardForm.StatusLabel.Top;
    end;
//Define Progress Bar for the Preparing to Install Page
  PrepareToInstallProgressBar := TNewProgressBar.Create(WizardForm);
  with PrepareToInstallProgressBar do
    begin
      Visible := False;
      Parent := WizardForm.PreparingPage;
      Left := WizardForm.ProgressGauge.Left;
      Top := WizardForm.ProgressGauge.Top;
      Width := WizardForm.ProgressGauge.Width;
      Height := WizardForm.ProgressGauge.Height;
      PrepareToInstallProgressBar.Style := npbstMarquee;
    end;
end;

procedure CurStepChanged(CurStep: TSetupStep);
begin
  if CurStep = ssInstall then
    begin
      if AbortInstall = True then
        begin
          Abort;
        end;
    end;
end;

現時点では、Inno Setupの実行方法に応じて、/qまたは/passive.NET Frameworkインストーラーが表示する表示GUIの量を制御するために、インストールタイプをサイレントまたは無人に設定しています。マーキースタイルのプログレスバーを使用して、何かがハプニング。ただし、ここにあるMicrosoftのドキュメントから、.NET Frameworkインストーラーを取得して、インストールの進行状況を報告することができるようです。/pipeスイッチ。これにより、実際の進行状況で通常のスタイルの進行状況バーをインタラクティブに更新できる場合があります。これは、.NET Frameworkインストーラーを完全に非表示にし、Inno Setupを使用して相対的な進行状況を示すことができることを意味します。これは、はるかにきちんとしたソリューションです。残念ながら、私はC ++を知らず、初心者のプログラマーにすぎません。したがって、これがInno Setupで可能かどうか、もしそうなら、どのように試みることができるかを誰かが確認できますか?

1 answers

6
Martin Prikryl 2016-09-04 10:56.

The following shows Pascal Script implementation of the code from
How to: Get Progress from the .NET Framework 4.5 Installer

[Files]
Source: "NDP462-KB3151800-x86-x64-AllOS-ENU.exe"; Flags: dontcopy

[Code]

{ Change to unique names }    
const
  SectionName = 'MyProgSetup';
  EventName = 'MyProgSetupEvent';

const
  INFINITE = 65535;
  WAIT_OBJECT_0 = 0;
  WAIT_TIMEOUT = $00000102; FILE_MAP_WRITE = $0002;
  E_PENDING = $8000000A; S_OK = 0; MMIO_V45 = 1; MAX_PATH = 260; SEE_MASK_NOCLOSEPROCESS = $00000040;
  INVALID_HANDLE_VALUE = -1;
  PAGE_READWRITE = 4;
  MMIO_SIZE = 65536;

type
  TMmioDataStructure = record
    DownloadFinished: Boolean; { download done yet? }
    InstallFinished: Boolean; { install done yet? }
    DownloadAbort: Boolean; { set downloader to abort }
    InstallAbort: Boolean; { set installer to abort }
    DownloadFinishedResult: Cardinal; { resultant HRESULT for download }
    InstallFinishedResult: Cardinal; { resultant HRESULT for install }
    InternalError: Cardinal;
    CurrentItemStep: array[0..MAX_PATH-1] of WideChar;
    DownloadSoFar: Byte; { download progress 0 - 255 (0 to 100% done) }
    InstallSoFar: Byte; { install progress 0 - 255 (0 to 100% done) }
    { event that chainer 'creates' and chainee 'opens'to sync communications }
    EventName: array[0..MAX_PATH-1] of WideChar; 

    Version: Byte; { version of the data structure, set by chainer. }
                   { 0x0 : .Net 4.0 }
                   { 0x1 : .Net 4.5 }

    { current message being sent by the chainee, 0 if no message is active }
    MessageCode: Cardinal; 
    { chainer's response to current message, 0 if not yet handled }
    MessageResponse: Cardinal; 
    { length of the m_messageData field in bytes }
    MessageDataLength: Cardinal; 
    { variable length buffer, content depends on m_messageCode }
    MessageData: array[0..MMIO_SIZE] of Byte; 
  end;

function CreateFileMapping(
  File: THandle; Attributes: Cardinal; Protect: Cardinal;
  MaximumSizeHigh: Cardinal; MaximumSizeLow: Cardinal; Name: string): THandle;
  external '[email protected] stdcall';

function CreateEvent(
  EventAttributes: Cardinal; ManualReset: Boolean; InitialState: Boolean;
  Name: string): THandle;
  external '[email protected] stdcall';

function CreateMutex(
  MutexAttributes: Cardinal; InitialOwner: Boolean; Name: string): THandle;
  external '[email protected] stdcall';

function WaitForSingleObject(
  Handle: THandle; Milliseconds: Cardinal): Cardinal;
  external '[email protected] stdcall';

function MapViewOfFile(
  FileMappingObject: THandle; DesiredAccess: Cardinal; FileOffsetHigh: Cardinal;
  FileOffsetLow: Cardinal; NumberOfBytesToMap: Cardinal): Cardinal;
  external '[email protected] stdcall';

function ReleaseMutex(Mutex: THandle): Boolean;
  external '[email protected] stdcall';

type
  TShellExecuteInfo = record
    cbSize: DWORD;
    fMask: Cardinal;
    Wnd: HWND;
    lpVerb: string;
    lpFile: string;
    lpParameters: string;
    lpDirectory: string;
    nShow: Integer;
    hInstApp: THandle;    
    lpIDList: DWORD;
    lpClass: string;
    hkeyClass: THandle;
    dwHotKey: DWORD;
    hMonitor: THandle;
    hProcess: THandle;
  end;

function ShellExecuteEx(var lpExecInfo: TShellExecuteInfo): BOOL; 
  external '[email protected] stdcall';

function GetExitCodeProcess(Process: THandle; var ExitCode: Cardinal): Boolean;
  external '[email protected] stdcall';

procedure CopyPointerToData(
  var Destination: TMmioDataStructure; Source: Cardinal; Length: Cardinal);
  external '[email protected] stdcall';

procedure CopyDataToPointer(
  Destination: Cardinal; var Source: TMmioDataStructure; Length: Cardinal);
  external '[email protected] stdcall';

var
  FileMapping: THandle;
  EventChaineeSend: THandle;
  EventChainerSend: THandle;
  Mutex: THandle;
  Data: TMmioDataStructure;
  View: Cardinal;

procedure LockDataMutex;
var
  R: Cardinal;
begin
  R := WaitForSingleObject(Mutex, INFINITE);
  Log(Format('WaitForSingleObject = %d', [Integer(R)]));
  if R <> WAIT_OBJECT_0 then
    RaiseException('Error waiting for mutex');
end;

procedure UnlockDataMutex;
var
  R: Boolean;
begin
  R := ReleaseMutex(Mutex);
  Log(Format('ReleaseMutex = %d', [Integer(R)]));
  if not R then
    RaiseException('Error releasing waiting for mutex');
end;

procedure ReadData;
begin
  CopyPointerToData(Data, View, MMIO_SIZE);
end;

procedure WriteData;
begin
  CopyDataToPointer(View, Data, MMIO_SIZE);
end;

procedure InitializeChainer;
var
  I: Integer;
begin
  Log('Initializing chainer');  

  FileMapping :=
    CreateFileMapping(
      INVALID_HANDLE_VALUE, 0, PAGE_READWRITE, 0, MMIO_SIZE, SectionName);
  Log(Format('FileMapping = %d', [Integer(FileMapping)]));
  if FileMapping = 0 then
    RaiseException('Error creating file mapping'); 

  EventChaineeSend := CreateEvent(0, False, False, EventName);
  Log(Format('EventChaineeSend = %d', [Integer(EventChaineeSend)]));
  if EventChaineeSend = 0 then
    RaiseException('Error creating chainee event'); 

  EventChainerSend := CreateEvent(0, False, False, EventName + '_send');
  Log(Format('EventChainerSend = %d', [Integer(EventChainerSend)]));
  if EventChainerSend = 0 then
    RaiseException('Error creating chainer event'); 

  Mutex := CreateMutex(0, False, EventName + '_mutex');
  Log(Format('Mutex = %d', [Integer(Mutex)]));
  if Mutex = 0 then
    RaiseException('Error creating mutex'); 

  View :=
    MapViewOfFile(FileMapping, FILE_MAP_WRITE, 0, 0, 0);
  if View = 0 then
    RaiseException('Cannot map data view');
  Log('Mapped data view');

  LockDataMutex;

  ReadData;

  Log('Initializing data');  
  for I := 1 to Length(EventName) do
    Data.EventName[I - 1] := EventName[I];
  Data.EventName[Length(EventName)] := #$00;

  { Download specific data }
  Data.DownloadFinished := False;
  Data.DownloadSoFar := 0;
  Data.DownloadFinishedResult := E_PENDING;
  Data.DownloadAbort := False;

  { Install specific data }
  Data.InstallFinished := False;
  Data.InstallSoFar := 0;
  Data.InstallFinishedResult := E_PENDING;
  Data.InstallAbort := False;

  Data.InternalError := S_OK;

  Data.Version := MMIO_V45;
  Data.MessageCode := 0;
  Data.MessageResponse := 0;
  Data.MessageDataLength := 0;

  Log('Initialized data');  

  WriteData;

  UnlockDataMutex;

  Log('Initialized chainer');  
end;

var
  ProgressPage: TOutputProgressWizardPage;

procedure InstallNetFramework;
var
  R: Cardinal;
  ExecInfo: TShellExecuteInfo;
  ExitCode: Cardinal;
  InstallError: string;
  Completed: Boolean;
  Progress: Integer;
begin
  ExtractTemporaryFile('NDP462-KB3151800-x86-x64-AllOS-ENU.exe');

  { Start the installer using ShellExecuteEx to get process ID }
  ExecInfo.cbSize := SizeOf(ExecInfo);
  ExecInfo.fMask := SEE_MASK_NOCLOSEPROCESS;
  ExecInfo.Wnd := 0;
  ExecInfo.lpFile := ExpandConstant('{tmp}\NDP462-KB3151800-x86-x64-AllOS-ENU.exe');
  ExecInfo.lpParameters := '/pipe ' + SectionName + ' /chainingpackage mysetup /q';
  ExecInfo.nShow := SW_HIDE;

  if not ShellExecuteEx(ExecInfo) then
    RaiseException('Cannot start .NET framework installer');

  Log(Format('.NET framework installer started as process %x', [ExecInfo.hProcess]));

  Progress := 0;
  { Displaying indefinite progress while the framework installer is initializing }
  ProgressPage.ProgressBar.Style := npbstMarquee;
  ProgressPage.SetProgress(Progress, 100);
  ProgressPage.Show;
  try
    Completed := False;

    while not Completed do
    begin
      { Check if the installer process has finished already }
      R := WaitForSingleObject(ExecInfo.hProcess, 0);
      if R = WAIT_OBJECT_0 then
      begin
        Log('.NET framework installer completed');
        Completed := True;
        if not GetExitCodeProcess(ExecInfo.hProcess, ExitCode) then
        begin
          InstallError := 'Cannot get .NET framework installer exit code';
        end
          else
        begin
          Log(Format('Exit code: %d', [Integer(ExitCode)]));
          if ExitCode <> 0 then
          begin
            InstallError :=
              Format('.NET framework installer failed with exit code %d', [ExitCode]);
          end;
        end;
      end
        else
      if R <> WAIT_TIMEOUT then
      begin
        InstallError := 'Error waiting for .NET framework installer to complete';
        Completed := True;
      end
        else
      begin
        { Check if the installer process has signaled progress event }
        R := WaitForSingleObject(EventChaineeSend, 0);
        if R = WAIT_OBJECT_0 then
        begin  
          Log('Got event from the installer');
          { Read progress data }
          LockDataMutex;
          ReadData;
          Log(Format(
            'DownloadSoFar = %d, InstallSoFar = %d', [
              Data.DownloadSoFar, Data.InstallSoFar]));
          Progress := Integer(Data.InstallSoFar) * 100 div 255;
          Log(Format('Progress = %d', [Progress]));
          UnlockDataMutex;
          { Once we get any progress data, switch to definite progress display }
          ProgressPage.ProgressBar.Style := npbstNormal;
          ProgressPage.SetProgress(Progress, 100);
        end
          else
        if R <> WAIT_TIMEOUT then
        begin
          InstallError := 'Error waiting for .NET framework installer event';
          Completed := True;
        end
          else
        begin
          { Seemingly pointless as progress did not change, }
          { but it pumps a message queue as a side effect }
          ProgressPage.SetProgress(Progress, 100);
          Sleep(100);
        end;
      end;
    end;
  finally
    ProgressPage.Hide;
  end;

  if InstallError <> '' then
  begin 
    { RaiseException does not work properly while TOutputProgressWizardPage is shown }
    RaiseException(InstallError);
  end;
end;

function InitializeSetup(): Boolean;
begin
  InitializeChainer;

  Result := True;
end;

procedure InitializeWizard();
begin
  ProgressPage := CreateOutputProgressPage('Installing .NET framework', '');
end;

You can use it like below, or on any other place of your installer process.

function NextButtonClick(CurPageID: Integer): Boolean;
begin
  Result := True;

  if CurPageID = wpReady then
  begin
    try
      InstallNetFramework;
    except
      MsgBox(GetExceptionMessage, mbError, MB_OK);
      Result := False;
    end;
  end;
end;

The following screenshot shows how the "progress page" in Inno Setup is linked to the .NET framework installer (of course the .NET framework installer is hidden by the /q switch, it was just temporarily shown for purposes of obtaining the screenshot).


I've successfully tested the code on

  • dotnetfx45_full_x86_x64.exe (.NET framework 4.5 - off-line installer)
  • NDP462-KB3151800-x86-x64-AllOS-ENU.exe (.NET framework 4.6.2 - off-line installer)

Note that the code takes into account the InstallSoFar only as both installers above are off-line. For on-line installers, DownloadSoFar should be taken into account too. And actually even off-line installers do sometime download something.


The ShellExecuteEx code taken from Inno Setup Exec() function Wait for a limited time.

Related questions

MORE COOL STUFF

ケイト・ブランシェットは3日間一緒に夫と一緒に寝て、25年経ってもまだ夫と結婚しています

ケイト・ブランシェットは3日間一緒に夫と一緒に寝て、25年経ってもまだ夫と結婚しています

ケイト・ブランシェットは、夫に会ったとき、典型的な交際のアドバイスに逆らいました。

マイケルシーンが非営利の俳優である理由

マイケルシーンが非営利の俳優である理由

マイケルシーンは非営利の俳優ですが、それは正確にはどういう意味ですか?

ホールマークスターのコリンエッグレスフィールドがRomaDramaLiveでスリル満点のファンと出会う![エクスクルーシブ]

ホールマークスターのコリンエッグレスフィールドがRomaDramaLiveでスリル満点のファンと出会う![エクスクルーシブ]

特徴的なスターのコリン・エッグレスフィールドは、RomaDrama Liveでのスリル満点のファンとの出会いについて料理しました!加えて、大会での彼のINSPIREプログラム。

「たどりつけば」をオンラインでストリーミングできない理由

「たどりつけば」をオンラインでストリーミングできない理由

ノーザンエクスポージャーが90年代の最も人気のある番組の1つになった理由を確認するには、Blu-rayまたはDVDプレーヤーをほこりで払う必要があります。

バイオニック読書はあなたをより速く読むことができますか?

バイオニック読書はあなたをより速く読むことができますか?

BionicReadingアプリの人気が爆発的に高まっています。しかし、それは本当にあなたを速読術にすることができますか?

ドミニカのボイリング湖:アクセスは簡単ではありませんが、ハイキングする価値があります

ドミニカのボイリング湖:アクセスは簡単ではありませんが、ハイキングする価値があります

ドミニカのボイリング湖は、世界で2番目に大きいボイリング湖です。そこにたどり着くまでのトレッキングは大変で長いですが、努力する価値は十分にあります。

私たちの水をきれいに保つのを助けるためにあなたの髪を寄付してください

私たちの水をきれいに保つのを助けるためにあなたの髪を寄付してください

サロンからのヘアトリミングや個人的な寄付は、油流出を吸収して環境を保護するのに役立つマットとして再利用できます。

ホワイトハウスの最も記憶に残る結婚式を見てください

ホワイトハウスの最も記憶に残る結婚式を見てください

過去200年以上の間にホワイトハウスで結婚したのはほんの数人です。彼らは誰でしたか、そしてそこで結婚式を獲得するために何が必要ですか?

今週のコミックコンですべての素晴らしいものに追いつく方法

今週のコミックコンですべての素晴らしいものに追いつく方法

サンディエゴコミックコンは今週開幕し、オタクのアナウンス、ポスター、予告編、お気に入りの番組や映画のからかいでいっぱいになります。SDCCは、コンベンションフロア全体の多くのパネルで行われているため、すべてに対応するのは難しい場合があります。

Googleの9千万ドルの和解はアプリ開発者にとってもGoogleにとっても勝利ですか?

Googleの9千万ドルの和解はアプリ開発者にとってもGoogleにとっても勝利ですか?

小さなアプリ開発者は金曜日に発表された法的な和解でグーグルから9千万ドルをこじ開けた。アップルとの同様の合意に続いて熱くなった。金曜日のブログ投稿で、Googleは、Androidメーカーが市場での優位性を悪用してPlayストア経由でのアプリ内購入に対して30%の料金を不当に請求したと主張するアプリ開発者との訴訟を解決するために、9千万ドルを支払うことに合意したと述べました。

RadioShackのTwitterはハッキングされていませんでした、それはただの暗号のサクラです

RadioShackのTwitterはハッキングされていませんでした、それはただの暗号のサクラです

今週、RadioShackのTwitterアカウントは、奇妙なものから完全にひどいものになりました。短い順序で、会社のフィード全体が、バイブレーター、「ビッグティット」(スペルミス)、有名人やその他の企業アカウントを荒らしているツイートなど、NSFW素材の真の山になりました。

ヒッグス粒子から10年後、物理学にとって次の大きなものは何ですか?

ヒッグス粒子から10年後、物理学にとって次の大きなものは何ですか?

大型ハドロン衝突型加速器のトンネル内にあるコンパクトミュオンソレノイド(CMS)検出器。2012年7月4日、CERNの科学者たちは、1960年代に最初に提案された素粒子であるヒッグス粒子の観測を確認しました。

Zendaya Wishes Boyfriend Tom Holland Happy Birthday with Cuddly Photo: He 'Makes Me the Happiest'

Zendaya Wishes Boyfriend Tom Holland Happy Birthday with Cuddly Photo: He 'Makes Me the Happiest'

Zendaya shared a sweet photo in honor of boyfriend Tom Holland's 26th birthday Wednesday

小さな女性:脳卒中を患った後に病院から解放されたアトランタのジューシーな赤ちゃん:「まだ癒し」

小さな女性:脳卒中を患った後に病院から解放されたアトランタのジューシーな赤ちゃん:「まだ癒し」

シーレン「Ms.JuicyBaby」ピアソンは、先月脳卒中で入院した後、「もう一度たくさんのことをする方法を学ばなければならない」ため、言語療法を受けていることを明らかにしました。

エマストーンは彼女のクリフサイドマリブビーチハウスを420万ドルでリストアップしています—中を見てください!

エマストーンは彼女のクリフサイドマリブビーチハウスを420万ドルでリストアップしています—中を見てください!

オスカー受賞者の世紀半ばの家には、3つのベッドルーム、2つのバス、オーシャンフロントの景色があります。

ジーニー・メイ・ジェンキンスは、母乳育児の経験の中で、彼女は「本当に、本当に落ち込んでいる」と言います

ジーニー・メイ・ジェンキンスは、母乳育児の経験の中で、彼女は「本当に、本当に落ち込んでいる」と言います

ジーニー・メイ・ジェンキンスは、生後4か月の娘、モナコに母乳育児をしていると語った。

Un breve viaje espacial sobre conceptualizar el diseño

Complicarse la vida, mezclar churros con meninas (nada de ovejas) y encontrar valor en un trastero que adquiriste en una puja.

Un breve viaje espacial sobre conceptualizar el diseño

Bien. Hay un momento en toda salida al espacio exterior en el que de la tensión, la velocidad y las altas temperaturas derivadas del cruce de estratosfera a ionosfera se pasa a un momento de súbita calma, donde se despliega la vista completa del paisaje espacial que nos rodea.

Seguindo Todos os Protocolos (2022), de Fábio Leal

Seguindo Todos os Protocolos (2022), de Fábio Leal

Chico quer transar. Até aí, tudo bem.

多元宇宙—Junø

多元宇宙—Junø

チェーン間アカウントがJunoに登場します。異なるブロックチェーン間でスマートコントラクトの構成可能性と真の相互運用性を提供します。

#brand【ベター・コール・ソール!アメリカのテレビシリーズ「ブレイキング・バッド」に最高のビジネス例が隠されている】・・・ルールクリエイティブ

#brand【ベター・コール・ソール!アメリカのテレビシリーズ「ブレイキング・バッド」に最高のビジネス例が隠されている】・・・ルールクリエイティブ

1.ドラマを見た後、起業する考えはありますか?あなたのビジネスはボトルネックに遭遇しましたか?方向性がなくてわからない場合は、ドラマを追いかけて行くことを心からお勧めします。(?)ブラフではなく、最も完璧なビジネス例を隠すドラマがあります。2.ブレイキング・バッドとその弁護士ドラマ「ブレイキング・バッド」を見た友人たちは、演劇の中で、穏やかな表情で、弁護士のソウル・グッドマンに深く感銘を受けなければなりません。口を開けて、感覚の弱い傭兵の性格を持っています。道徳の面で、サル・グッドマンは無意識のうちに劇に欠かせない役割を果たし、彼自身のシリーズ「絶望的な弁護士」(ベター・コール・ソール)を生み出しました。ウェントウのテキストとビデオは、劇中のソウル・グッドマンのテレビコマーシャルです。製品(サービス)、競争戦略、市場ポジショニング、ブランド名、ターゲット顧客グループ、コミュニケーション軸から広告まで、サル・グッドマンの役割のビジネス設定は、「最低」と見なすことができる超超超超超超完全です。ブランドコミュニケーションのコスト」「変化」のモデル。なぜ?私の分析をご覧ください。3.ソウル・グッドマンの「事業戦略」1.基本情報ブランド名:Saul Goodman製品:法律相談サービス対象顧客:麻薬中毒、飲酒運転、事故など。法律知識の欠如は、一般的に公立弁護士にしか余裕がなく、真面目な弁護士も「特別な法律を持つ消費者」を避けます。恐れてはいけない「​​ニーズ」。コミュニケーションの主軸:この国のすべての男性、女性、子供は有罪判決を受けるまで無実だと思います。地域:アルバカーキ市スローガン:Thrallに電話したほうがいいです!(ベター・コール・ソール)広告:2つの可能性のある犯罪状況をシミュレートします+サウルの主張+サウルのスローガン2をより適切に呼び出します。

Language