BashにTRYCATCHコマンドはありますか

386
Lee Probert 2014-02-25 23:09.

シェルスクリプトを書いているので、ターミナルアプリがインストールされていることを確認する必要があります。きちんとした方法がない限り、TRY / CATCHコマンドを使用してこれを実行したいと思います。

14 answers

623
Jayesh Bhoi 2014-02-25 23:50.

BashにTRYCATCHコマンドはありますか?

番号。

Bashには、多くのプログラミング言語で見られるほど多くの贅沢はありません。

try/catchbashにはありません。ただし、&&またはを使用して同様の動作を実現でき||ます。

使用||

場合はcommand1、次に失敗しcommand2、次のように動作します

command1 || command2

同様に、を使用すると&&、成功したcommand2場合に実行されますcommand1

の最も近い近似try/catchは次のとおりです

{ # try

    command1 &&
    #save your output

} || { # catch
    # save log for exception 
}

また、bashにはいくつかのエラー処理メカニズムも含まれています

set -e

単純なコマンドが失敗すると、スクリプトが停止します。

そしてまた、なぜそうではありませんif...else。それはあなたの親友です。

126
Mathias Henze 2014-08-08 00:30.

ここで見つけたいくつかの回答に基づいて、プロジェクトのソースとなる小さなヘルパーファイルを作成しました。

trycatch.sh

#!/bin/bash

function try()
{
    [[ $- = *e* ]]; SAVED_OPT_E=$?
    set +e
}

function throw()
{
    exit $1
}

function catch()
{
    export ex_code=$?
    (( $SAVED_OPT_E )) && set +e
    return $ex_code
}

function throwErrors()
{
    set -e
}

function ignoreErrors()
{
    set +e
}

使用中の例を次に示します。

#!/bin/bash
export AnException=100
export AnotherException=101

# start with a try
try
(   # open a subshell !!!
    echo "do something"
    [ someErrorCondition ] && throw $AnException

    echo "do something more"
    executeCommandThatMightFail || throw $AnotherException

    throwErrors # automaticatly end the try block, if command-result is non-null
    echo "now on to something completely different"
    executeCommandThatMightFail

    echo "it's a wonder we came so far"
    executeCommandThatFailsForSure || true # ignore a single failing command

    ignoreErrors # ignore failures of commands until further notice
    executeCommand1ThatFailsForSure
    local result = $(executeCommand2ThatFailsForSure)
    [ result != "expected error" ] && throw $AnException # ok, if it's not an expected error, we want to bail out!
    executeCommand3ThatFailsForSure

    echo "finished"
)
# directly after closing the subshell you need to connect a group to the catch using ||
catch || {
    # now you can handle
    case $ex_code in
        $AnException)
            echo "AnException was thrown"
        ;;
        $AnotherException)
            echo "AnotherException was thrown"
        ;;
        *)
            echo "An unexpected exception was thrown"
            throw $ex_code # you can rethrow the "exception" causing the script to exit if not caught
        ;;
    esac
}
71
niieani 2015-05-01 09:42.

私はbashでほぼ完璧なtry&catch実装を開発しました。これにより、次のようなコードを記述できます。

try 
    echo 'Hello'
    false
    echo 'This will not be displayed'

catch 
    echo "Error in $__EXCEPTION_SOURCE__ at line: $__EXCEPTION_LINE__!"

try-catchブロックを自分の中にネストすることもできます!

try {
    echo 'Hello'

    try {
        echo 'Nested Hello'
        false
        echo 'This will not execute'
    } catch {
        echo "Nested Caught (@ $__EXCEPTION_LINE__)"
    }

    false
    echo 'This will not execute too'

} catch {
    echo "Error in $__EXCEPTION_SOURCE__ at line: $__EXCEPTION_LINE__!"
}

コードは私のbashボイラープレート/フレームワークの一部です。さらに、バックトレースや例外を使用したエラー処理(およびその他の優れた機能)などを使用して、try&catchの概念を拡張します。

try&catchだけを担当するコードは次のとおりです。

set -o pipefail
shopt -s expand_aliases
declare -ig __oo__insideTryCatch=0

# if try-catch is nested, then set +e before so the parent handler doesn't catch us
alias try="[[ \$__oo__insideTryCatch -gt 0 ]] && set +e;
           __oo__insideTryCatch+=1; ( set -e;
           trap \"Exception.Capture \${LINENO}; \" ERR;"
alias catch=" ); Exception.Extract \$? || "

Exception.Capture() {
    local script="${BASH_SOURCE[1]#./}"

    if [[ ! -f /tmp/stored_exception_source ]]; then
        echo "$script" > /tmp/stored_exception_source
    fi
    if [[ ! -f /tmp/stored_exception_line ]]; then
        echo "$1" > /tmp/stored_exception_line
    fi
    return 0
}

Exception.Extract() {
    if [[ $__oo__insideTryCatch -gt 1 ]]
    then
        set -e
    fi

    __oo__insideTryCatch+=-1

    __EXCEPTION_CATCH__=( $(Exception.GetLastException) )

    local retVal=$1
    if [[ $retVal -gt 0 ]]
    then
        # BACKWARDS COMPATIBILE WAY:
        # export __EXCEPTION_SOURCE__="${__EXCEPTION_CATCH__[(${#__EXCEPTION_CATCH__[@]}-1)]}"
        # export __EXCEPTION_LINE__="${__EXCEPTION_CATCH__[(${#__EXCEPTION_CATCH__[@]}-2)]}"
        export __EXCEPTION_SOURCE__="${__EXCEPTION_CATCH__[-1]}"
        export __EXCEPTION_LINE__="${__EXCEPTION_CATCH__[-2]}"
        export __EXCEPTION__="${__EXCEPTION_CATCH__[@]:0:(${#__EXCEPTION_CATCH__[@]} - 2)}"
        return 1 # so that we may continue with a "catch"
    fi
}

Exception.GetLastException() {
    if [[ -f /tmp/stored_exception ]] && [[ -f /tmp/stored_exception_line ]] && [[ -f /tmp/stored_exception_source ]]
    then
        cat /tmp/stored_exception
        cat /tmp/stored_exception_line
        cat /tmp/stored_exception_source
    else
        echo -e " \n${BASH_LINENO[1]}\n${BASH_SOURCE[2]#./}"
    fi

    rm -f /tmp/stored_exception /tmp/stored_exception_line /tmp/stored_exception_source
    return 0
}

自由に使用、フォーク、貢献してください-それはGitHubにあります

23
Mark K Cowan 2017-04-15 10:02.

あなたが使用することができますtrap

try { block A } catch { block B } finally { block C }

次のように変換されます。

(
  set -Ee
  function _catch {
    block B
    exit 0  # optional; use if you don't want to propagate (rethrow) error to outer shell
  }
  function _finally {
    block C
  }
  trap _catch ERR
  trap _finally EXIT
  block A
)
20
Kostanos 2017-10-06 16:52.

おそらく機能する同様のソリューションがたくさんあります。以下は、コメントに説明を付けて、try / catchを実行するための簡単で実用的な方法です。

#!/bin/bash

function a() {
  # do some stuff here
}
function b() {
  # do more stuff here
}

# this subshell is a scope of try
# try
(
  # this flag will make to exit from current subshell on any error
  # inside it (all functions run inside will also break on any error)
  set -e
  a
  b
  # do more stuff here
)
# and here we catch errors
# catch
errorCode=$?
if [ $errorCode -ne 0 ]; then
  echo "We have an error"
  # We exit the all script with the same error, if you don't want to
  # exit it and continue, just delete this line.
  exit $errorCode
fi
20
Alfe 2014-02-26 02:15.

bash何かがエラー状態を検出した場合(-eフラグを設定しない限り)、実行中の実行を中止しません。提供するプログラミング言語は、この特別な状況(したがって通常「例外」と呼ばれる)のために「救済」try/catch阻止するためにこれを行います。

ではbash、代わりに、問題のコマンドのみが0より大きい終了コードで終了し、そのエラー状態を示します。もちろんそれを確認することはできますが、何も自動的にベイリングされないため、try / catchは意味がありません。それはその文脈を欠いているだけです。

ただし、次のように決定した時点で終了できるサブシェルを使用て、救済をシミュレートできます。

(
  echo "Do one thing"
  echo "Do another thing"
  if some_condition
  then
    exit 3  # <-- this is our simulated bailing out
  fi
  echo "Do yet another thing"
  echo "And do a last thing"
)   # <-- here we arrive after the simulated bailing out, and $? will be 3 (exit code)
if [ $? = 3 ]
then
  echo "Bail out detected"
fi

その代わりにsome_conditionとのifあなたも、単にコマンドを試すことができ、そして場合には、それが失敗した(0以外の終了コードの大きなを持っている)、救済:

(
  echo "Do one thing"
  echo "Do another thing"
  some_command || exit 3
  echo "Do yet another thing"
  echo "And do a last thing"
)
...

残念ながら、この手法を使用すると、255の異なる終了コード(1..255)に制限され、適切な例外オブジェクトを使用できません。

シミュレートされた例外とともに渡すためにさらに情報が必要な場合は、サブシェルのstdoutを使用できますが、それは少し複雑で、おそらく別の質問です;-)

上記の-eフラグをシェルに使用すると、その明示的なexitステートメントを削除することもできます。

(
  set -e
  echo "Do one thing"
  echo "Do another thing"
  some_command
  echo "Do yet another thing"
  echo "And do a last thing"
)
...
14
Dan Fabulich 2014-08-29 07:43.

誰もが言うように、bashには言語でサポートされている適切なtry / catch構文がありません。-e引数を指定してbashを起動するかset -e、スクリプト内で使用して、コマンドにゼロ以外の終了コードがある場合は、bashプロセス全体を中止できます。(set +e失敗したコマンドを一時的に許可することもできます。)

したがって、try / catchブロックをシミュレートする1​​つの手法は、サブプロセスを起動して、-e有効にした状態で作業を行うことです。次に、メインプロセスで、サブプロセスの戻りコードを確認します。

Bashはヒアドキュメント文字列をサポートしているため、これを処理するために2つの別々のファイルを作成する必要はありません。以下の例では、TRYヒアドキュメントが-e有効になっている別のbashインスタンスで実行されるため、コマンドがゼロ以外の終了コードを返すと、サブプロセスがクラッシュします。次に、メインプロセスに戻って、キャッチブロックを処理するためのリターンコードを確認できます。

#!/bin/bash

set +e
bash -e <<TRY
  echo hello
  cd /does/not/exist
  echo world
TRY
if [ $? -ne 0 ]; then
  echo caught exception
fi

これは、言語でサポートされている適切なtry / catchブロックではありませんが、同様のかゆみを引き起こす可能性があります。

7
Davidson Lima 2018-01-03 09:42.

できるよ:

#!/bin/bash
if <command> ; then # TRY
    <do-whatever-you-want>
else # CATCH
    echo 'Exception'
    <do-whatever-you-want>
fi
5
Eran Ben-Natan 2014-02-26 02:58.

また、トラップhttp://www.tldp.org/LDP/Bash-Beginners-Guide/html/sect_12_02.htmlがありますが、これは同じではありませんが、この目的で使用できる他の手法です。

1
syberghost 2017-10-07 03:25.

私が使用する非常に単純なもの:

try() {
    "[email protected]" || (e=$?; echo "[email protected]" > /dev/stderr; exit $e)
}
1
David Anderson 2019-03-13 19:46.

以下は、私のBashにTRYCATCHコマンドはありますか使用されている簡略化されたスクリプトの完全なコピーです。追加のエラーチェックに加えて、ユーザーが既存のエイリアスの名前を変更できるようにするエイリアスがあります。構文は次のとおりです。場合はnew_alias、パラメータが省略され、その後、エイリアスが削除されます。

ChangeAlias old_alias [new_alias]

完全なスクリプトを以下に示します。

common.GetAlias() {
    local "oldname=${1:-0}"
    if [[ $oldname =~ ^[0-9]+$ && oldname+1 -lt ${#FUNCNAME[@]} ]]; then
        oldname="${FUNCNAME[oldname + 1]}"
    fi
    name="common_${oldname#common.}"
    echo "${!name:-$oldname}"
}

common.Alias() {
    if [[ $# -ne 2 || -z $1 || -z $2 ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): The must be only two parameters of nonzero length" >&2
        return 1;
    fi
    eval "alias $1='$2'"
    local "f=${2##*common.}"
    f="${f%%;*}"
    local "v=common_$f"
    f="common.$f"
    if [[ -n ${!v:-} ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): $1: Function \`$f' already paired with name \`${!v}'" >&2
        return 1;
    fi
    shopt -s expand_aliases
    eval "$v=\"$1\""
}

common.ChangeAlias() {
    if [[ $# -lt 1 || $# -gt 2 ]]; then
        echo "usage: $(common.GetAlias) old_name [new_name]" >&2
        return "1"
    elif ! alias "$1" &>"/dev/null"; then
        echo "$(common.GetAlias): $1: Name not found" >&2
        return 1;
    fi
    local "s=$(alias "$1")" 
    s="${s#alias $1=\'}"
    s="${s%\'}"
    local "f=${s##*common.}"
    f="${f%%;*}"
    local "v=common_$f"
    f="common.$f"
    if [[ ${!v:-} != "$1" ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): $1: Name not paired with a function \`$f'" >&2
        return 1;
    elif [[ $# -gt 1 ]]; then
        eval "alias $2='$s'"
        eval "$v=\"$2\""
    else
        unset "$v"
    fi
    unalias "$1"
}

common.Alias exception             'common.Exception'
common.Alias throw                 'common.Throw'
common.Alias try                   '{ if common.Try; then'
common.Alias yrt                   'common.EchoExitStatus; fi; common.yrT; }'
common.Alias catch                 '{ while common.Catch'
common.Alias hctac                 'common.hctaC -r; done; common.hctaC; }'
common.Alias finally               '{ if common.Finally; then'
common.Alias yllanif               'fi; common.yllaniF; }'
common.Alias caught                'common.Caught'
common.Alias EchoExitStatus        'common.EchoExitStatus'
common.Alias EnableThrowOnError    'common.EnableThrowOnError'
common.Alias DisableThrowOnError   'common.DisableThrowOnError'
common.Alias GetStatus             'common.GetStatus'
common.Alias SetStatus             'common.SetStatus'
common.Alias GetMessage            'common.GetMessage'
common.Alias MessageCount          'common.MessageCount'
common.Alias CopyMessages          'common.CopyMessages'
common.Alias TryCatchFinally       'common.TryCatchFinally'
common.Alias DefaultErrHandler     'common.DefaultErrHandler'
common.Alias DefaultUnhandled      'common.DefaultUnhandled'
common.Alias CallStack             'common.CallStack'
common.Alias ChangeAlias           'common.ChangeAlias'
common.Alias TryCatchFinallyAlias  'common.Alias'

common.CallStack() {
    local -i "i" "j" "k" "subshell=${2:-0}" "wi" "wl" "wn"
    local "format= %*s  %*s  %-*s  %s\n" "name"
    eval local "lineno=('' ${BASH_LINENO[@]})"
    for (( i=${1:-0},j=wi=wl=wn=0; i<${#FUNCNAME[@]}; ++i,++j )); do  
        name="$(common.GetAlias "$i")"
        let "wi = ${#j} > wi ? wi = ${#j} : wi"
        let "wl = ${#lineno[i]} > wl ? wl = ${#lineno[i]} : wl"
        let "wn = ${#name} > wn ? wn = ${#name} : wn"
    done
    for (( i=${1:-0},j=0; i<${#FUNCNAME[@]}; ++i,++j )); do
        ! let "k = ${#FUNCNAME[@]} - i - 1"
        name="$(common.GetAlias "$i")"
        printf "$format" "$wi" "$j" "$wl" "${lineno[i]}" "$wn" "$name" "${BASH_SOURCE[i]}"
    done
}

common.Echo() {
    [[ $common_options != *d* ]] || echo "[email protected]" >"$common_file"
}

common.DefaultErrHandler() {
    echo "Orginal Status: $common_status"
    echo "Exception Type: ERR"
}

common.Exception() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    if [[ $# -eq 0 ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): At least one parameter is required" >&2
        return "1"         
    elif [[ ${#1} -gt 16 || -n ${1%%[0-9]*} || 10#$1 -lt 1 || 10#$1 -gt 255 ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): $1: First parameter was not an integer between 1 and 255" >&2
        return "1"
    fi
    let "common_status = 10#$1"
    shift
    common_messages=()
    for message in "[email protected]"; do
        common_messages+=("$message")
    done
    if [[ $common_options == *c* ]]; then
        echo "Call Stack:" >"$common_fifo"
        common.CallStack "2" >"$common_fifo"
    fi
}

common.Throw() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    local "message"
    if ! common.TryCatchFinallyExists; then
        echo "$(common.GetAlias): No Try-Catch-Finally exists" >&2
        return "1"        
    elif [[ $# -eq 0 && common_status -eq 0 ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): No previous unhandled exception" >&2 
        return "1"
    elif [[ $# -gt 0 && ( ${#1} -gt 16 || -n ${1%%[0-9]*} || 10#$1 -lt 1 || 10#$1 -gt 255 ) ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): $1: First parameter was not an integer between 1 and 255" >&2
        return "1"
    fi
    common.Echo -n "In Throw ?=$common_status "
    common.Echo "try=$common_trySubshell subshell=$BASH_SUBSHELL #=$#"
    if [[ $common_options == *k* ]]; then
        common.CallStack "2" >"$common_file"
    fi
    if [[ $# -gt 0 ]]; then
        let "common_status = 10#$1"
        shift
        for message in "$@"; do
            echo "$message" >"$common_fifo"
        done
        if [[ $common_options == *c* ]]; then
            echo "Call Stack:" >"$common_fifo"
            common.CallStack "2" >"$common_fifo"
        fi
    elif [[ ${#common_messages[@]} -gt 0 ]]; then
        for message in "${common_messages[@]}"; do
            echo "$message" >"$common_fifo"
        done
    fi
    chmod "0400" "$common_fifo"
    common.Echo "Still in Throw $=$common_status subshell=$BASH_SUBSHELL #=$# -=$-"
    exit "$common_status"
}

common.ErrHandler() {
    common_status=$?
    trap ERR
    common.Echo -n "In ErrHandler ?=$common_status debug=$common_options "
    common.Echo "try=$common_trySubshell subshell=$BASH_SUBSHELL order=$common_order"
    if [[ -w "$common_fifo" ]]; then
        if [[ $common_options != *e* ]]; then
            common.Echo "ErrHandler is ignoring"
            common_status="0"
            return "$common_status" # value is ignored
        fi
        if [[ $common_options == *k* ]]; then
            common.CallStack "2" >"$common_file"
        fi
        common.Echo "Calling ${common_errHandler:-}"
        eval "${common_errHandler:-} \"${BASH_LINENO[0]}\" \"${BASH_SOURCE[1]}\" \"${FUNCNAME[1]}\" >$common_fifo <$common_fifo"
        if [[ $common_options == *c* ]]; then
            echo "Call Stack:" >"$common_fifo"
            common.CallStack "2" >"$common_fifo"
        fi
        chmod "0400" "$common_fifo"
    fi
    common.Echo "Still in ErrHandler $=$common_status subshell=$BASH_SUBSHELL -=$-"
    if [[ common_trySubshell -eq BASH_SUBSHELL ]]; then
        return "$common_status" # value is ignored   
    else
        exit "$common_status"
    fi
}

common.Token() {
    local "name"
    case $1 in
    b) name="before";;
    t) name="$common_Try";;
    y) name="$common_yrT";;
    c) name="$common_Catch";;
    h) name="$common_hctaC";;
    f) name="$common_yllaniF";;
    l) name="$common_Finally";;
    *) name="unknown";;
    esac
    echo "$name"
}

common.TryCatchFinallyNext() {
    common.ShellInit
    local "previous=$common_order" "errmsg"
    common_order="$2"
    if [[ $previous != $1 ]]; then
        errmsg="${BASH_SOURCE[2]}: line ${BASH_LINENO[1]}: syntax error_near unexpected token \`$(common.Token "$2")'"
        echo "$errmsg" >&2
        [[ /dev/fd/2 -ef $common_file ]] || echo "$errmsg" >"$common_file"
        kill -s INT 0
        return "1"        
    fi
}

common.ShellInit() {
    if [[ common_initSubshell -ne BASH_SUBSHELL ]]; then
        common_initSubshell="$BASH_SUBSHELL"
        common_order="b"
    fi
}

common.Try() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    common.TryCatchFinallyNext "[byhl]" "t" || return 
    common_status="0"
    common_subshell="$common_trySubshell"
    common_trySubshell="$BASH_SUBSHELL"
    common_messages=()
    common.Echo "-------------> Setting try=$common_trySubshell at subshell=$BASH_SUBSHELL"
}

common.yrT() {
    local "status=$?"
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    common.TryCatchFinallyNext "[t]" "y" || return 
    common.Echo -n "Entered yrT ?=$status status=$common_status "
    common.Echo "try=$common_trySubshell subshell=$BASH_SUBSHELL"
    if [[ common_status -ne 0 ]]; then    

        common.Echo "Build message array. ?=$common_status, subshell=$BASH_SUBSHELL"
        local "message=" "eof=TRY_CATCH_FINALLY_END_OF_MESSAGES_$RANDOM"
        chmod "0600" "$common_fifo"
        echo "$eof" >"$common_fifo"
        common_messages=()
        while read "message"; do

            common.Echo "----> $message"

            [[ $message != *$eof ]] || break
            common_messages+=("$message")
        done <"$common_fifo"
    fi

    common.Echo "In ytT status=$common_status"
    common_trySubshell="$common_subshell"
}

common.Catch() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    common.TryCatchFinallyNext "[yh]" "c" || return 
    [[ common_status -ne 0 ]] || return "1"
    local "parameter" "pattern" "value"
    local "toggle=true" "compare=p" "options=$-"
    local -i "i=-1" "status=0"
    set -f
    for parameter in "[email protected]"; do
        if "$toggle"; then
            toggle="false"
            if [[ $parameter =~ ^-[notepr]$ ]]; then
                compare="${parameter#-}"
                continue 
            fi
        fi
        toggle="true"
        while "true"; do
            eval local "patterns=($parameter)"
            if [[ ${#patterns[@]} -gt 0 ]]; then
                for pattern in "${patterns[@]}"; do
                    [[ i -lt ${#common_messages[@]} ]] || break
                    if [[ i -lt 0 ]]; then
                        value="$common_status"
                    else
                        value="${common_messages[i]}"
                    fi
                    case $compare in
                    [ne]) [[ ! $value == "$pattern" ]] || break 2;;
                    [op]) [[ ! $value == $pattern ]] || break 2;;
                    [tr]) [[ ! $value =~ $pattern ]] || break 2;;
                    esac
                done
            fi
            if [[ $compare == [not] ]]; then
                let "++i,1"
                continue 2
            else
                status="1"
                break 2
            fi
        done
        if [[ $compare == [not] ]]; then
            status="1"
            break
        else
            let "++i,1"
        fi
    done
    [[ $options == *f* ]] || set +f
    return "$status"
} 

common.hctaC() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    common.TryCatchFinallyNext "[c]" "h" || return 
    [[ $# -ne 1 || $1 != -r ]] || common_status="0"
}

common.Finally() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    common.TryCatchFinallyNext "[ych]" "f" || return 
}

common.yllaniF() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    common.TryCatchFinallyNext "[f]" "l" || return 
    [[ common_status -eq 0 ]] || common.Throw
}

common.Caught() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    [[ common_status -eq 0 ]] || return 1
}

common.EchoExitStatus() {
    return "${1:-$?}"
}

common.EnableThrowOnError() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    [[ $common_options == *e* ]] || common_options+="e"
}

common.DisableThrowOnError() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    common_options="${common_options/e}"
}

common.GetStatus() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    echo "$common_status"
}

common.SetStatus() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    if [[ $# -ne 1 ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): $#: Wrong number of parameters" >&2
        return "1"         
    elif [[ ${#1} -gt 16 || -n ${1%%[0-9]*} || 10#$1 -lt 1 || 10#$1 -gt 255 ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): $1: First parameter was not an integer between 1 and 255" >&2
        return "1"
    fi
    let "common_status = 10#$1"
}

common.GetMessage() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    local "upper=${#common_messages[@]}"
    if [[ upper -eq 0 ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): $1: There are no messages" >&2
        return "1"
    elif [[ $# -ne 1 ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): $#: Wrong number of parameters" >&2
        return "1"         
    elif [[ ${#1} -gt 16 || -n ${1%%[0-9]*} || 10#$1 -ge upper ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): $1: First parameter was an invalid index" >&2
        return "1"
    fi
    echo "${common_messages[$1]}"
}

common.MessageCount() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    echo "${#common_messages[@]}"
}

common.CopyMessages() {
    common.TryCatchFinallyVerify || return
    if [[ $# -ne 1 ]]; then
        echo "$(common.GetAlias): $#: Wrong number of parameters" >&2
        return "1"         
    elif [[ ${#common_messages} -gt 0 ]]; then
        eval "$1=(\"\${common_messages[@]}\")"
    else
        eval "$1=()"
    fi
}

common.TryCatchFinallyExists() {
    [[ ${common_fifo:-u} != u ]]
}

common.TryCatchFinallyVerify() {
    local "name"
    if ! common.TryCatchFinallyExists; then
        echo "$(common.GetAlias "1"): No Try-Catch-Finally exists" >&2
        return "2"        
    fi
}

common.GetOptions() {
    local "opt"
    local "name=$(common.GetAlias "1")"
    if common.TryCatchFinallyExists; then
        echo "$name: A Try-Catch-Finally already exists" >&2
        return "1"        
    fi
    let "OPTIND = 1"
    let "OPTERR = 0"
    while getopts ":cdeh:ko:u:v:" opt "[email protected]"; do
        case $opt in
        c)  [[ $common_options == *c* ]] || common_options+="c";;
        d)  [[ $common_options == *d* ]] || common_options+="d";;
        e)  [[ $common_options == *e* ]] || common_options+="e";;
        h)  common_errHandler="$OPTARG";;
        k)  [[ $common_options == *k* ]] || common_options+="k";;
        o)  common_file="$OPTARG";;
        u)  common_unhandled="$OPTARG";;
        v)  common_command="$OPTARG";;
        \?) #echo "Invalid option: -$OPTARG" >&2
            echo "$name: Illegal option: $OPTARG" >&2
            return "1";;
        :)  echo "$name: Option requires an argument: $OPTARG" >&2
            return "1";;
        *)  echo "$name: An error occurred while parsing options." >&2
            return "1";;
        esac
    done

    shift "$((OPTIND - 1))"
    if [[ $# -lt 1 ]]; then
        echo "$name: The fifo_file parameter is missing" >&2
        return "1"
    fi
    common_fifo="$1"
    if [[ ! -p $common_fifo ]]; then
        echo "$name: $1: The fifo_file is not an open FIFO" >&2
        return "1"  
    fi

    shift
    if [[ $# -lt 1 ]]; then
        echo "$name: The function parameter is missing" >&2
        return "1"
    fi
    common_function="$1"
    if ! chmod "0600" "$common_fifo"; then
        echo "$name: $common_fifo: Can not change file mode to 0600" >&2
        return "1"
    fi

    local "message=" "eof=TRY_CATCH_FINALLY_END_OF_FILE_$RANDOM"
    { echo "$eof" >"$common_fifo"; } 2>"/dev/null"
    if [[ $? -ne 0 ]]; then
        echo "$name: $common_fifo: Can not write" >&2
        return "1"
    fi   
    { while [[ $message != *$eof ]]; do
        read "message"
    done <"$common_fifo"; } 2>"/dev/null"
    if [[ $? -ne 0 ]]; then
        echo "$name: $common_fifo: Can not read" >&2
        return "1"
    fi   

    return "0"
}

common.DefaultUnhandled() {
    local -i "i"
    echo "-------------------------------------------------"
    echo "$(common.GetAlias "common.TryCatchFinally"): Unhandeled exception occurred"
    echo "Status: $(GetStatus)"
    echo "Messages:"
    for ((i=0; i<$(MessageCount); i++)); do
        echo "$(GetMessage "$i")"
    done
    echo "-------------------------------------------------"
}

common.TryCatchFinally() {
    local "common_file=/dev/fd/2"
    local "common_errHandler=common.DefaultErrHandler"
    local "common_unhandled=common.DefaultUnhandled"
    local "common_options="
    local "common_fifo="
    local "common_function="
    local "common_flags=$-"
    local "common_trySubshell=-1"
    local "common_initSubshell=-1"
    local "common_subshell"
    local "common_status=0"
    local "common_order=b"
    local "common_command="
    local "common_messages=()"
    local "common_handler=$(trap -p ERR)"
    [[ -n $common_handler ]] || common_handler="trap ERR"

    common.GetOptions "$@" || return "$?"
    shift "$((OPTIND + 1))"

    [[ -z $common_command ]] || common_command+="=$"
    common_command+='("$common_function" "$@")'

    set -E
    set +e
    trap "common.ErrHandler" ERR
    if true; then
        common.Try 
        eval "$common_command"
        common.EchoExitStatus
        common.yrT
    fi
    while common.Catch; do
        "$common_unhandled" >&2
        break
        common.hctaC -r
    done
    common.hctaC
    [[ $common_flags == *E* ]] || set +E
    [[ $common_flags != *e* ]] || set -e
    [[ $common_flags != *f* || $- == *f* ]] || set -f
    [[ $common_flags == *f* || $- != *f* ]] || set +f
    eval "$common_handler"
    return "$((common_status?2:0))"
}
1
David Anderson 2019-03-12 00:53.

以下は、try/catch/finallybashで実装するスクリプトの例です。

この質問に対する他の回答と同様に、サブプロセスを終了した後に例外をキャッチする必要があります。

サンプルスクリプトから文字列メッセージを渡すために使用される匿名FIFO、作成することによって開始command exceptionまたはthrow最も近いの最後にtryブロック。ここで、メッセージはFIFOから削除され、配列変数に配置されます。ステータスがを通じて返されるreturnと、exitコマンドや別の変数に入れました。catchブロックに入るには、このステータスがゼロであってはなりません。catchブロックを入力するための他の要件は、パラメーターとして渡されます。catchブロックの終わりに達すると、ステータスはゼロに設定されます。finallyブロックの終わりに到達してもステータスがゼロ以外の場合は、メッセージとステータスを含む暗黙的なスローが実行されます。スクリプトtrycatchfinallyでは、未処理の例外ハンドラーを含む関数を呼び出す必要があります。

trycatchfinallyコマンドの構文は次のとおりです。

trycatchfinally [-cde] [-h ERR_handler] [-k] [-o debug_file] [-u unhandled_handler] [-v variable] fifo function

この-cオプションは、呼び出しスタックを例外メッセージに追加します。
この-dオプションは、デバッグ出力を有効にします。
この-eオプションは、コマンドの例外を有効にします。
この-hオプションを使用すると、ユーザーは独自のコマンド例外ハンドラーに置き換えることができます。
この-kオプションは、コールスタックをデバッグ出力に追加します。
この-oオプションは、デフォルトの出力ファイルである/dev/fd/2。を置き換えます。
この-uオプションを使用すると、ユーザーは独自の未処理の例外ハンドラーに置き換えることができます。
この-vオプションを使用すると、ユーザーはコマンド置換を使用して値を返すことができます。
これfifoはFIFOファイル名です。
この関数functiontrycatchfinally、サブプロセスとしてによって呼び出されます。

注:cdkoスクリプトを簡略化するために、オプションは削除されました。

catchコマンドの構文は次のとおりです。

catch [[-enoprt] list ...] ...

オプションは以下に定義されています。最初のリストの値はステータスです。後続の値はメッセージです。リストよりも多くのメッセージがある場合、残りのメッセージは無視されます。

-e手段(値がリスト内の少なくとも1つの文字列にマッチしなければならない)手段(値がリスト内の文字列のいずれかに一致することができない)手段(値はリストのパターンのいずれにも一致しない)手段(値ましたリスト内の少なくとも1つのパターンに一致する)とは(値がリスト内の少なくとも1つの拡張正規表現と一致する必要がある)という意味(値がリスト内の拡張正規表現のいずれとも一致できない)を意味します [[ $value == "$string" ]]
-n[[ $value != "$string" ]]
-o[[ $value != $pattern ]]
-p[[ $value == $pattern ]]
-r[[ $value =~ $regex ]]
-t[[ ! $value =~ $regex ]]

try/catch/finallyこのスクリプトは以下のとおりです。この回答のスクリプトを簡略化するために、ほとんどのエラーチェックが削除されました。これにより、サイズが64%縮小されました。このスクリプトの完全なコピーは、私のBashにTRYCATCHコマンドはありますかます。

shopt -s expand_aliases
alias try='{ common.Try'
alias yrt='EchoExitStatus; common.yrT; }'
alias catch='{ while common.Catch'
alias hctac='common.hctaC; done; }'
alias finally='{ common.Finally'
alias yllanif='common.yllaniF; }'

DefaultErrHandler() {
    echo "Orginal Status: $common_status"
    echo "Exception Type: ERR"
}

exception() {
    let "common_status = 10#$1"
    shift
    common_messages=()
    for message in "[email protected]"; do
        common_messages+=("$message")
    done
}

throw() {
    local "message"
    if [[ $# -gt 0 ]]; then
        let "common_status = 10#$1"
        shift
        for message in "[email protected]"; do
            echo "$message" >"$common_fifo"
        done
    elif [[ ${#common_messages[@]} -gt 0 ]]; then
        for message in "${common_messages[@]}"; do
            echo "$message" >"$common_fifo"
        done
    fi
    chmod "0400" "$common_fifo"
    exit "$common_status"
}

common.ErrHandler() {
    common_status=$?
    trap ERR
    if [[ -w "$common_fifo" ]]; then
        if [[ $common_options != *e* ]]; then
            common_status="0"
            return
        fi
        eval "${common_errHandler:-} \"${BASH_LINENO[0]}\" \"${BASH_SOURCE[1]}\" \"${FUNCNAME[1]}\" >$common_fifo <$common_fifo"
        chmod "0400" "$common_fifo"
    fi
    if [[ common_trySubshell -eq BASH_SUBSHELL ]]; then
        return   
    else
        exit "$common_status"
    fi
}

common.Try() {
    common_status="0"
    common_subshell="$common_trySubshell"
    common_trySubshell="$BASH_SUBSHELL"
    common_messages=()
}

common.yrT() {
    local "status=$?"
    if [[ common_status -ne 0 ]]; then    
        local "message=" "eof=TRY_CATCH_FINALLY_END_OF_MESSAGES_$RANDOM"
        chmod "0600" "$common_fifo"
        echo "$eof" >"$common_fifo"
        common_messages=()
        while read "message"; do
            [[ $message != *$eof ]] || break
            common_messages+=("$message")
        done <"$common_fifo"
    fi
    common_trySubshell="$common_subshell"
}

common.Catch() {
    [[ common_status -ne 0 ]] || return "1"
    local "parameter" "pattern" "value"
    local "toggle=true" "compare=p" "options=$-"
    local -i "i=-1" "status=0"
    set -f
    for parameter in "$@"; do
        if "$toggle"; then
            toggle="false"
            if [[ $parameter =~ ^-[notepr]$ ]]; then
                compare="${parameter#-}"
                continue 
            fi
        fi
        toggle="true"
        while "true"; do
            eval local "patterns=($parameter)"
            if [[ ${#patterns[@]} -gt 0 ]]; then
                for pattern in "${patterns[@]}"; do
                    [[ i -lt ${#common_messages[@]} ]] || break
                    if [[ i -lt 0 ]]; then
                        value="$common_status"
                    else
                        value="${common_messages[i]}"
                    fi
                    case $compare in
                    [ne]) [[ ! $value == "$pattern" ]] || break 2;;
                    [op]) [[ ! $value == $pattern ]] || break 2;;
                    [tr]) [[ ! $value =~ $pattern ]] || break 2;;
                    esac
                done
            fi
            if [[ $compare == [not] ]]; then
                let "++i,1"
                continue 2
            else
                status="1"
                break 2
            fi
        done
        if [[ $compare == [not] ]]; then
            status="1"
            break
        else
            let "++i,1"
        fi
    done
    [[ $options == *f* ]] || set +f
    return "$status"
} 

common.hctaC() {
    common_status="0"
}

common.Finally() {
    :
}

common.yllaniF() {
    [[ common_status -eq 0 ]] || throw
}

caught() {
    [[ common_status -eq 0 ]] || return 1
}

EchoExitStatus() {
    return "${1:-$?}"
}

EnableThrowOnError() {
    [[ $common_options == *e* ]] || common_options+="e"
}

DisableThrowOnError() {
    common_options="${common_options/e}"
}

GetStatus() {
    echo "$common_status"
}

SetStatus() {
    let "common_status = 10#$1"
}

GetMessage() {
    echo "${common_messages[$1]}"
}

MessageCount() {
    echo "${#common_messages[@]}"
}

CopyMessages() {
    if [[ ${#common_messages} -gt 0 ]]; then
        eval "$1=(\"\${common_messages[@]}\")"
    else
        eval "$1=()"
    fi
}

common.GetOptions() {
    local "opt"
    let "OPTIND = 1"
    let "OPTERR = 0"
    while getopts ":cdeh:ko:u:v:" opt "[email protected]"; do
        case $opt in
        e)  [[ $common_options == *e* ]] || common_options+="e";;
        h)  common_errHandler="$OPTARG";;
        u)  common_unhandled="$OPTARG";;
        v)  common_command="$OPTARG";;
        esac
    done
    shift "$((OPTIND - 1))"
    common_fifo="$1"
    shift
    common_function="$1"
    chmod "0600" "$common_fifo"
}

DefaultUnhandled() {
    local -i "i"
    echo "-------------------------------------------------"
    echo "TryCatchFinally: Unhandeled exception occurred"
    echo "Status: $(GetStatus)"
    echo "Messages:"
    for ((i=0; i<$(MessageCount); i++)); do
        echo "$(GetMessage "$i")"
    done
    echo "-------------------------------------------------"
}

TryCatchFinally() {
    local "common_errHandler=DefaultErrHandler"
    local "common_unhandled=DefaultUnhandled"
    local "common_options="
    local "common_fifo="
    local "common_function="
    local "common_flags=$-"
    local "common_trySubshell=-1"
    local "common_subshell"
    local "common_status=0"
    local "common_command="
    local "common_messages=()"
    local "common_handler=$(trap -p ERR)"
    [[ -n $common_handler ]] || common_handler="trap ERR"
    common.GetOptions "$@"
    shift "$((OPTIND + 1))"
    [[ -z $common_command ]] || common_command+="=$"
    common_command+='("$common_function" "[email protected]")'
    set -E
    set +e
    trap "common.ErrHandler" ERR
    try
        eval "$common_command"
    yrt
    catch; do
        "$common_unhandled" >&2
    hctac
    [[ $common_flags == *E* ]] || set +E
    [[ $common_flags != *e* ]] || set -e
    [[ $common_flags != *f* || $- == *f* ]] || set -f
    [[ $common_flags == *f* || $- != *f* ]] || set +f
    eval "$common_handler"
}

以下は、上記のスクリプトがsimple。という名前のファイルに格納されていることを前提とした例です。このmakefifoファイルには、この回答で説明されているスクリプトが含まれています。指定されたファイル4444kkkkkが存在しないと想定されるため、例外が発生します。ls 4444kkkkkコマンドから出力されるエラーメッセージは、適切なcatchブロック内に入るまで自動的に抑制されます。

#!/bin/bash
#

if [[ $0 != ${BASH_SOURCE[0]} ]]; then
    bash "${BASH_SOURCE[0]}" "$@"
    return
fi

source simple
source makefifo

MyFunction3() {
    echo "entered MyFunction3" >&4
    echo "This is from MyFunction3"
    ls 4444kkkkk
    echo "leaving MyFunction3" >&4
}

MyFunction2() {
    echo "entered MyFunction2" >&4
    value="$(MyFunction3)"
    echo "leaving MyFunction2" >&4
}

MyFunction1() {
    echo "entered MyFunction1" >&4
    local "flag=false"
    try 
    (
        echo "start of try" >&4
        MyFunction2
        echo "end of try" >&4
    )
    yrt
    catch "[1-3]" "*" "Exception\ Type:\ ERR"; do
        echo 'start of catch "[1-3]" "*" "Exception\ Type:\ ERR"'
        local -i "i"
        echo "-------------------------------------------------"
        echo "Status: $(GetStatus)"
        echo "Messages:"
        for ((i=0; i<$(MessageCount); i++)); do
            echo "$(GetMessage "$i")"
        done
        echo "-------------------------------------------------"
        break
        echo 'end of catch "[1-3]" "*" "Exception\ Type:\ ERR"'
    hctac >&4
    catch "1 3 5" "*" -n "Exception\ Type:\ ERR"; do
        echo 'start of catch "1 3 5" "*" -n "Exception\ Type:\ ERR"'
        echo "-------------------------------------------------"
        echo "Status: $(GetStatus)"
        [[ $(MessageCount) -le 1 ]] || echo "$(GetMessage "1")"
        echo "-------------------------------------------------"
        break
        echo 'end of catch "1 3 5" "*" -n "Exception\ Type:\ ERR"'
    hctac >&4
    catch; do
        echo 'start of catch' >&4
        echo "failure"
        flag="true"
        echo 'end of catch' >&4
    hctac
    finally
        echo "in finally"
    yllanif >&4
    "$flag" || echo "success"
    echo "leaving MyFunction1" >&4
} 2>&6

ErrHandler() {
    echo "EOF"
    DefaultErrHandler "$@"
    echo "Function: $3"
    while read; do
        [[ $REPLY != *EOF ]] || break
        echo "$REPLY"
    done
}

set -u
echo "starting" >&2
MakeFIFO "6"
TryCatchFinally -e -h ErrHandler -o /dev/fd/4 -v result /dev/fd/6 MyFunction1 4>&2
echo "result=$result"
exec >&6-

上記のスクリプトは、を使用してテストされましたGNU bash, version 3.2.57(1)-release (x86_64-apple-darwin17)。このスクリプトの実行による出力を以下に示します。

starting
entered MyFunction1
start of try
entered MyFunction2
entered MyFunction3
start of catch "[1-3]" "*" "Exception\ Type:\ ERR"
-------------------------------------------------
Status: 1
Messages:
Orginal Status: 1
Exception Type: ERR
Function: MyFunction3
ls: 4444kkkkk: No such file or directory
-------------------------------------------------
start of catch
end of catch
in finally
leaving MyFunction1
result=failure

throw関数MyFunction3を以下に示すスクリプトに置き換えることで、を使用する別の例を作成できます。

MyFunction3() {
    echo "entered MyFunction3" >&4
    echo "This is from MyFunction3"
    throw "3" "Orginal Status: 3" "Exception Type: throw"
    echo "leaving MyFunction3" >&4
}

throwコマンドの構文は次のとおりです。パラメータが存在しない場合は、代わりに変数に格納されているステータスとメッセージが使用されます。

throw [status] [message ...]

変更されたスクリプトの実行からの出力を以下に示します。

starting
entered MyFunction1
start of try
entered MyFunction2
entered MyFunction3
start of catch "1 3 5" "*" -n "Exception\ Type:\ ERR"
-------------------------------------------------
Status: 3
Exception Type: throw
-------------------------------------------------
start of catch
end of catch
in finally
leaving MyFunction1
result=failure
1
Axel Heider 2020-07-02 14:14.

「bash-ue」モードでこれをお勧めします。

set -ue
   
false && RET=$? || RET=$? 
echo "expecting 1, got ${RET}"
true && RET=$? || RET=$? 
echo "expecting 0, got ${RET}"

echo "test try...catch"
false && RET=$? || RET=$? 
if [ ${RET} -ne 0 ]; then
  echo "caught error ${RET}"
fi

echo "beware, using '||' before '&&' fails"
echo "  -> memory aid: [A]nd before [O]r in the alphabet"
false || RET=$? && RET=$? 
echo "expecting 1, got ${RET}"
true || RET=$? && RET=$? 
echo "expecting 0, got ${RET}"
1
joel 2020-09-25 05:59.

問題のターミナルアプリの名前が「app」であると仮定します(そして、それが$ PATHにあると予想します)。

if [[ ! `which app` ]]; then
    # run code if app not installed
else
    # run code if app is installed
fi

Related questions

MORE COOL STUFF

「水曜日」シーズン1の中心には大きなミステリーがあります

「水曜日」シーズン1の中心には大きなミステリーがあります

Netflixの「水曜日」は、典型的な10代のドラマ以上のものであり、実際、シーズン1にはその中心に大きなミステリーがあります.

ボディーランゲージの専門家は、州訪問中にカミラ・パーカー・ボウルズが輝くことを可能にした微妙なケイト・ミドルトンの動きを指摘しています

ボディーランゲージの専門家は、州訪問中にカミラ・パーカー・ボウルズが輝くことを可能にした微妙なケイト・ミドルトンの動きを指摘しています

ケイト・ミドルトンは、州の夕食会と州の訪問中にカミラ・パーカー・ボウルズからスポットライトを奪いたくなかった、と専門家は言う.

一部のファンがハリー・スタイルズとオリビア・ワイルドの「非常に友好的な」休憩が永続的であることを望んでいる理由

一部のファンがハリー・スタイルズとオリビア・ワイルドの「非常に友好的な」休憩が永続的であることを望んでいる理由

一部のファンが、オリビア・ワイルドが彼女とハリー・スタイルズとの間の「難しい」が「非常に友好的」な分割を恒久的にすることを望んでいる理由を見つけてください.

エリザベス女王の死後、ケイト・ミドルトンはまだ「非常に困難な時期」を過ごしている、と王室の専門家が明らかにする 

エリザベス女王の死後、ケイト・ミドルトンはまだ「非常に困難な時期」を過ごしている、と王室の専門家が明らかにする&nbsp;

エリザベス女王の死後、ケイト・ミドルトンが舞台裏で「非常に困難な時期」を過ごしていたと伝えられている理由を調べてください.

セントヘレナのジェイコブのはしごを登るのは、気弱な人向けではありません

セントヘレナのジェイコブのはしごを登るのは、気弱な人向けではありません

セント ヘレナ島のジェイコブズ ラダーは 699 段の真っ直ぐ上る階段で、頂上に到達すると証明書が発行されるほどの難易度です。

The Secrets of Airline Travel Quiz

The Secrets of Airline Travel Quiz

Air travel is far more than getting from point A to point B safely. How much do you know about the million little details that go into flying on airplanes?

Where in the World Are You? Take our GeoGuesser Quiz

Where in the World Are You? Take our GeoGuesser Quiz

The world is a huge place, yet some GeoGuessr players know locations in mere seconds. Are you one of GeoGuessr's gifted elite? Take our quiz to find out!

バイオニック読書はあなたをより速く読むことができますか?

バイオニック読書はあなたをより速く読むことができますか?

BionicReadingアプリの人気が爆発的に高まっています。しかし、それは本当にあなたを速読術にすることができますか?

パンデミックは終わったかもしれないが、Covid-19 は終わっていない

パンデミックは終わったかもしれないが、Covid-19 は終わっていない

2021 年 6 月 8 日にニューヨーク市で開催された covid-19 パンデミックで亡くなった人々の命を偲び、祝うために、ネーミング ザ ロスト メモリアルズが主催するイベントと行進の最中に、グリーンウッド墓地の正門から記念碑がぶら下がっています。週末、ジョー・バイデン大統領は、covid-19 パンデミックの終息を宣言しました。これは、過去 2 年以上にわたり、公の場でそうするための長い列の中で最新のものです。

デビル・イン・オハイオの予告編は、エミリー・デシャネルもオハイオにいることを明らかにしています

デビル・イン・オハイオの予告編は、エミリー・デシャネルもオハイオにいることを明らかにしています

オハイオ州のエミリー・デシャネル みんな早く来て、ボーンズが帰ってきた!まあ、ショーボーンズではなく、彼女を演じた俳優. エミリー・デシャネルに最後に会ってからしばらく経ちました.Emily Deschanel は、長期にわたるプロシージャルな Bones の Temperance “Bones” Brennan としてよく知られています。

ドナルド・トランプはFBIのマー・ア・ラーゴ襲撃映像をリリースする予定ですか?

ドナルド・トランプはFBIのマー・ア・ラーゴ襲撃映像をリリースする予定ですか?

どうやら、ドナルド・トランプに近い人々は、今月初めにFBIによって家宅捜索された彼のMar-a-Lago財産からの映像を公開するよう彼に勧めています. 前大統領はテープを公開するかどうかを確認していませんが、息子はフォックス・ニュースにそうなるだろうと語った.

Andor は、他の Star Wars ショーから大きな距離を置きます。

Andor は、他の Star Wars ショーから大きな距離を置きます。

アンドールの一場面。数十年前、ジョージ・ルーカスがスター・ウォーズのテレビ番組を制作するのを妨げた主な理由は、お金でした。

ケイト・ミドルトンとウィリアム王子は、彼らが子供たちと行っているスパイをテーマにした活動を共有しています

ケイト・ミドルトンとウィリアム王子は、彼らが子供たちと行っているスパイをテーマにした活動を共有しています

ケイト・ミドルトンとウィリアム王子は、子供向けのパズルの本の序文を書き、ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子と一緒にテキストを読むと述べた.

事故で押しつぶされたスイカは、動物を喜ばせ水分補給するために野生生物保護団体に寄付されました

事故で押しつぶされたスイカは、動物を喜ばせ水分補給するために野生生物保護団体に寄付されました

Yak's Produce は、数十個のつぶれたメロンを野生動物のリハビリ専門家であるレスリー グリーンと彼女のルイジアナ州の救助施設で暮らす 42 匹の動物に寄付しました。

デミ・ロヴァートは、新しいミュージシャンのボーイフレンドと「幸せで健康的な関係」にあります: ソース

デミ・ロヴァートは、新しいミュージシャンのボーイフレンドと「幸せで健康的な関係」にあります: ソース

8 枚目のスタジオ アルバムのリリースに向けて準備を進めているデミ ロヴァートは、「スーパー グレート ガイ」と付き合っている、と情報筋は PEOPLE に確認しています。

Plathville の Kim と Olivia Plath が数年ぶりに言葉を交わすことへようこそ

Plathville の Kim と Olivia Plath が数年ぶりに言葉を交わすことへようこそ

イーサン プラスの誕生日のお祝いは、TLC のウェルカム トゥ プラスビルのシーズン 4 のフィナーレで、戦争中の母親のキム プラスと妻のオリビア プラスを結びつけました。

仕事の生産性を高める 8 つのシンプルなホーム オフィスのセットアップのアイデア

仕事の生産性を高める 8 つのシンプルなホーム オフィスのセットアップのアイデア

ホームオフィスのセットアップ術を極めよう!AppExert の開発者は、家族全員が一緒にいる場合でも、在宅勤務の技術を習得しています。祖父や曽祖父が共同家族で暮らしていた頃の記憶がよみがえりました。

2022 年、私たちのデジタル ライフはどこで終わり、「リアル ライフ」はどこから始まるのでしょうか?

20 年前のタイムトラベラーでさえ、日常生活におけるデジタルおよびインターネットベースのサービスの重要性に驚くことでしょう。MySpace、eBay、Napster などのプラットフォームは、高速化に焦点を合わせた世界がどのようなものになるかを示してくれました。

ニューロマーケティングの秘密科学

ニューロマーケティングの秘密科学

マーケティング担当者が人間の欲望を操作するために使用する、最先端の (気味が悪いと言う人もいます) メソッドを探ります。カートをいっぱいにして 3 桁の領収書を持って店を出る前に、ほんの数点の商品を買いに行ったことはありませんか? あなたは一人じゃない。

地理情報システムの日: GIS 開発者として学ぶべき最高の技術スタック

地理情報システムの日: GIS 開発者として学ぶべき最高の技術スタック

私たちが住んでいる世界を確実に理解するには、データが必要です。ただし、空間参照がない場合、このデータは地理的コンテキストがないと役に立たなくなる可能性があります。

Language