猫が飼いならされたのではなく、歴史のある時点で人間と一緒に暮らすことを「選んだ」というのは本当ですか?

Pets History Cats domestic Domestication

Answers

AndrewCWorthington 2019-01-21 15:46.

誰も驚かないでしょうが、少なくとも9、000年間、人間と世帯を共有しているにもかかわらず、猫は犬ほど飼いならされていません。したがって、それらはせいぜい半飼いならされており、遺伝的証拠飼い猫のゲノムの比較分析は、猫の生物学の根底にある遺伝的特徴を明らかにし、飼いならされていることは、野生の猫、ここではリビアヤマネコ(Felis silvestris lybica)の間の非常に小さな違いを考えると、これを確認するようです、多くの場合、主な祖先、および飼い猫Felis catus)と見なされます

この研究に関与した科学者は、飼い猫の主な変化は、身体的特徴ではなく、従順さ、記憶、恐怖、報酬を求める行動などであることを発見しました(サイズ、コートの色、長さなど、現代の飼い猫に見られる身体的変化でさえも) 19日からのみ日付C)。あなたは、飼い猫が野生の祖先との親密さを目撃するためにいかにシームレスに野生化するかを見る必要があるだけです。

そうです、人間と仲良くした猫は、彼らと一緒に暮らすのが便利であり(食物、避難所、安全)、私たちが彼らを飼うのが便利だと感じました(定住した農業コミュニティの齧歯動物の管理など)。それを超えて、私たちはそれらをあまり(少なくとも物理的に)変更しようとはしませんでした。これは、私たちと仲良くすることができた猫と私たちが引っ越してきたことを示唆しています。私たちはわざと外に出て猫を飼いならし、すでにそうではなかったものを作りました(結果はそれ自体を物語っています)。

対照的に、灰色のオオカミ(Canis lupus)は、飼い犬を生み出したとほとんどの科学者が考えています。これは、32、000年前に発生した可能性のある、私たちの種の進化における重要なイベントであり、重要な行動に加えて変化により、野生の犬(オオカミまたは他の一部の人が考えるように現在は絶滅した共通の祖先)と飼い犬( Canislupusfamiliaris)の間で実質的な身体的変化がありましたこれは、人間が自然に一緒に暮らすのに適していない何かを取り、それに合うように完全に飼いならしたことを示唆しています。

DanDavidson8 2017-06-15 15:02.

猫がただ「選んだ」かどうかは定かではありませんが、あなたが話しているドキュメンタリーを知っているかもしれません。それが私が見たものと同じであるならば、それは飼い猫に関するナショナルジオグラフィックの特別なものでした。ショーの主なテーマは、犬や他の多くの飼いならされた種とは異なり、猫はアルファ男性に従順な強い社会システムを持っていないということでした。結果として、彼らは訓練するのが簡単ではない傾向があります。それらは、特定の特性のために人間によって意図的に飼育されているという意味で技術的に飼いならされていますが、他の動物と同じように実際には飼いならされていません。私の知る限り、これはヒョウやトラなどの野生のネコ科動物の間で比較的一般的です。ライオンズは多少異なるかもしれませんが、どれだけかは私にはよくわかりません。確かに、ライオンは何らかの方法で飼いならすことができます-少なくともサーカスの行為の目的のために、しかし、私は彼らが実際にどれほど「飼いならされている」のか分かりません。

とにかく、ショーによると、猫は北アフリカの初期の人間の居住地でゴミ捨て場に近づき始めました。彼らは肉や骨の残骸の匂いを嗅ぐことができ、それを愛していました。少し後、彼らが穀物を食べずに穀倉でネズミを殺すのが上手であることが証明されたとき、彼らは人間の家に歓迎されました。犬はネズミを捕まえるのが猫と同じくらい上手で、ネズミを殺すのも上手ですが、穀物を食べるのも好きなので、犬が満たすことができない猫のニッチがありました。猫は犬として飼いならされた時間はおそらく半分に過ぎないと思われますが、それでも数千年になります。私はたくさんの猫愛好家やさらに多くの猫の飼い主に会いましたが、猫が本当に飼いならされていると思っている人にはあまり会いませんでした。彼らはこの環境に適応したようですが、他のほとんどの点ではまだ野生のようです。

Related questions

Language